HOME に戻る
長野式研究会





・次回講座のご案内
・長野式研究会 尚古堂便り
 ├ vol.120
 ├ vol.119
 ├ vol.118
 ├ vol.117
 ├ vol.116
 ├ vol.115
 ├ vol.114
 ├ vol.113
 ├ vol.112
 ├ vol.111
 ├ vol.110
 ├ vol.109
 ├ vol.108
 ├ vol.107
 ├ vol.106
 ├ vol.105
 ├ vol.104
 ├ vol.103
 ├ vol.102
 ├ vol.101
 ├ vol.100
 ├ vol.99
 ├ vol.98
 ├ vol.97
 ├ vol.96
 ├ vol.95
 ├ vol.94
 ├ vol.93
 ├ vol.92
 ├ vol.91
 ├ vol.90
 ├ vol.89
 ├ vol.88
 ├ vol.87
 ├ vol.86
 ├ vol.85
 ├ vol.84
 ├ vol.83
 ├ vol.82
 ├ vol.81
 ├ vol.80
 ├ vol.79
 ├ vol.78
 ├ vol.77
 ├ vol.76
 ├ vol.75
 ├ vol.74
 ├ vol.73
 ├ vol.72
 ├ vol.71
 └ vol.1-70
・ニュース&アラカルテ
・講座案内
・講座情報
・特別講座
・お取り扱い品


情報コーナー

●長野式研究会・尚古堂便り
Vol.103

俺流長野式治療法

久しぶりに、朝岡和俊先生のセミナーが開催されました。
12月22日(日)の年の瀬も押し詰まった時期にもかかわらず、当日の欠席者もなく熱心にセミナーに集中されました。
朝岡先生の治療は、長野式治療法、澤田流、クラニオ・セイクラルセラピー、解剖学的な構造からの見方…、それに、朝岡先生の独特な感性を散りばめたユニークな治療法です。
これらの治療法は、それぞれをある程度学ばなければ臨床に使用できないところですが、どの治療法をとっても、ターゲットとする所見が、‘扁桃’、‘オ血’、‘天宗’、‘ソケイ部’…などなど、長野式に関するものが中心となっているので、長野式を学ぶ我々に馴染みのある言葉であり、それらの所見を別の治療法で改善できるということを実感することができ、理解し易く臨床に取り入れ易い治療と思います。
恐らく、皆さんも、‘扁桃’をはじめ様々な所見が従来の処置では歯が立たなかったことも少なからずおありかと思います。
その様なときの一手に加えられる治療が満載でした。
それを異なった方向から眺めると、ナルホド…!と眼から鱗の治療が次々に披露されました。
ほとんどクロスチェックをせずに、手際よくどんどん治療を進め、各処置をした後にターゲットの所見をチェックし、改善していなければ更なる一手を加えていく…そして主訴も改善していくという見事な臨床でした。
上述した澤田流、クラニオ・セイクラルセラピー、解剖学的な構造を随所に取り入れ、そして、知らない間に、その治療法も身に付いていく密度の濃い治療でした。


背部での最初の所見を診ているところ

セミナーの最後に、タワーマンションの20階以上に住んでいる患者さんの治りが悪いことから、厚生省の統計調査による「居住階が上がるごとに流産率が上昇する」、あるいは、高層階では「不眠、眩暈、耳鳴り、不安などを持つ患者さんが低層住居者より多い…」ということから、高層階に住む不自然さ…つまり、自然が足りない…との問題提起を話されました。
(朝岡先生は、タワーマンション群で有名な武蔵小杉の近くにお住まいです)
自然に遠い生活をしているのだから、自然に関する経穴が効果的なのでは…と考え、‘地’、‘天’、‘海’、‘空’、‘気’が入っている経穴を探され、特に「地五会」に注目されてその素晴らしい効果について話され取穴と所見の改善を披露されました。
また、次に「気海」、そして、「天泉」に惹きつけられご自身の臨床でその効果を確認されました。
長野式ではベースとなる「天ユウ」や「翳明」の扁桃所見に非常に効果があります。

処置法名は、‘弦点’、‘レイナ様’、‘ゆう子ちゃん’…など人名を冠したもの、‘ソニック602’、‘シン大宮’、‘浅間町’…など地名に由来するもの、‘マエハラハジメ’(顎二腹筋前腹の起始部の刺鍼)のような波線部のダジャレ…etc、ユニークで突飛な(そして、ふざけた)命名をされています。
まともな処置名、経穴名は、‘裏中極’位ではないでしょうか?
「名前など何でも結構、効けば良い!」という正に臨床そのものに精力を注いでおられるからでしょう。
長野潔先生は、「効果的で簡便な治療」とよく言われていました。
朝岡先生は、それに向かってまっしぐら!というところでしょう。

発想の豊かさは、長野式治療法を体系立てられた長野潔先生を源流とし、松本岐子先生に受け継がれ飛躍的に進化しました。
それがまた、古典の和田仁宏先生、臨床の朝岡和俊先生に脈々と受け継がれ更に広く深く発展していきます。
博覧強記の和田仁宏先生、霊的感性の朝岡和俊先生と、鍼灸師以上に鍼灸を極め様々な治療法を研究され西洋医学と東洋医学両方の観点から治療されている医師の原譲先生…、《 長野式研究会 & w-key net 》には素晴らしい、凄い、素敵な先生方が明日の鍼灸を更に明るい未来にすべく活躍されています。
(嬉しい限りです!!!!!)

朝岡先生の治療は、「朝岡流長野式治療法」と自ら冗談半分で命名していますが、「俺流長野式治療法」とも言われます。
長野潔先生と同じ事はできないのですから、皆さんも、是非、学んだ「長野式治療法」を中心に更に他の治療法や発想で「長野式治療法」を拡大、発展させ、松本岐子先生や朝岡和俊先生のセミナーに参加されて、より素晴らしい「俺流長野式治療法」を作り出していって欲しいものです。

朝岡先生は、身体を考えることが楽しくて仕方がないのでしょう。
今もどんどん発想がふくらみ新しい治療法が誕生しています。
朝岡先生に、また新たな治療法がまとまりましたら、来年もセミナーも開催したいと思います。

乞う、ご期待!!!


セミナー風景。ビデオでモニターに映しているので、細かい所まで見えます。
左端のホワイトボードには、要点が記入されます



◎朝岡先生のセミナーをもって、《 長野式研究会 & w-key net 》に関する講座は全て終了しました。
お忙しい中、遠方より講座に参加下さり、心より感謝申し上げます。
良いお年をお迎え下さい。




村上 裕彦 2019年12月




Copyright(C) wkey 長野式研究会 All rights reserved.